Table 4: Economic Growth and Human Well-being


このトピックで、私たちは国内総生産(GDP)に焦点を当てます。 GDPは時によっては誤解を招く表現です。 なぜなら、GDPは金銭的な観点からのみ生産量を計り、所得の不平等さに関して言及することはありません。 言い換えると、GDPだけでは、経済の真の姿を捉えることはできません。 なぜなら、私たちは所得の分配などの面にも着目する必要があるからです。 最初に述べたように、GDPは誤解を招く表現になっています。現在、世界中の多くの国がこの指標を使って幸福を考えています。 最終的に、それは収入格差や、市民の幸福に関する報告書は少々間違えることがあります。 この課題に即刻取り組まなければならない理由は、私たちが知っているように、私たちの生活は金銭に関係しているからです。 経済が考え出された当時、その究極の目的は持っている資源を用いて人々を満足させることでした。 もしかしたら、人間を幸せにするという目的のもとで確立されたと言えるかもしれません。 しかしながら、このビデオを見ているあなたは、これから私が尋ねようとしている質問を考えているかもしれません。 物を製造することだけが私たちを満足させるのでしょうか。 GDPを見るとき、それは私たちの幸福を定義しているのでしょうか。 国内生産を増やし続けることで、私たちは幸せになるのでしょうか。もしくは、国内の富が幸せにするのでしょうか。 経済学は資源の使い方に関するものであるのであれば、それは未来や環境を気にせずに資源を使うということを意味するのでしょうか。 この質問はもしかしたら、あなたの興味を引くかもしれません。 国際連合やOECDをはじめとする多くの組織は、経済的な幸福を測るために関連した指標を考え出せるよう努力しています。 また、ブータンが国民総幸福量(GNH)を考え出しましたが、そんなに人気を獲得できませんでした。 だからこそ、この問題はかなり難しいと言えます。 この議論には3つの主要な目的があります。 1つ目は、この問題の原因をはっきりさせることです。 2つ目は社会的な観点や環境的な側面から経済成長を測ることのできる指標を考え出すことです。 3つ目は政府や関連組織が、その指標を用いることができるような具体的で実践的なガイドラインを作り出すことです。 以上でテーブル4の紹介を終わります。ありがとうございました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *